顧問契約のメリット

Point1 社長に強い味方が出来る

「労務顧問」と、まとめてしまうとわかりにくいですが、全般の相談が簡単にできると言うのがメリットです。 新規採用をしたり、退職をしたりすると必ず、「法律」にのっとって処理をしなくてはなりません。手続きや登録など多くのことをしないといけません。

また、法律改正情報など、法律に改正があったときなど、「知らなかった」では、済ますことが出来ません。しっかり、法律を遵守することで安心がもたらされます。

Point2 煩雑な手続きが任せられる

労働・社会保険関連の手続きは、予想以上に多いことをご存知でしょうか? 新規採用・退職・給与・社会保険など、人が動くたびに、会社は手続きをしないといけません。そんな煩雑な手続きを労務顧問契約をして頂くことで、まとめて解消して頂けます。

Point3 法律改正に対応できる

新しい法律というのは、「意外にある」と言うことをご存知でしょうか? 今まで適用されていた法律が来月から適用されないそんなこともしばしばです。でも、労務顧問契約のメリットのひとつに、法律の施行や改正の情報がタイムリーに入ってくるということがあります。

Point4 他社の事例や世間の情報が分かる

労務顧問契約の大きなメリットとして「みんなはどんな 風にやっているのか、わかる」と言うことがあります。 「他の会社では、○○の様にやっています。これで大丈夫です」という判断基準が生まれます。この判断基準の差は、かなり大きいものです。

Point5 行政官庁との折衝が任せられる

「労働基準監督署や年金事務所からの突然の監督や調査」、とても慌ててしまいますよね。そんな時でも労務顧問契約を結んでいれば大丈夫、安心して任せられます。

労務顧問契約の種類

Point1 相談顧問とは

労務問題(労働社会保険・労務管理・労使トラブル・助成金)等に関する問い合わせへの対応、助言アドバイスをさせて頂きます。

Point2 手続き顧問とは

労働社会保険の諸手続き及び各種申請等を代行させて頂きます。

Point3 給与計算顧問とは

毎月の給与計算業務(給与明細書及び賃金台帳の作成)を代行させて頂きます。

【相談+手続顧問報酬】
社員数1~5名=15,000円(以降5名毎に+5,000円)

【給与計算顧問報酬】(※相談+手続き顧問契約が必須)
社員数1~5名=5,000円(以降5名毎に+5,000円)

【助成金申請代行報酬】
着手金0円・成功報酬20%(※顧問契約のお客様に限り、成功報酬10%)

Top